サドル 高さ調整

サドル 高さ調整

サドルの高さ調整についての説明です。

オンライン通販 > サドル 高さ調整

サドル高さ調整

サドルというのは、自転車に乗る時に座る部分、つまり椅子ですね。
この高さって一番重要です。 ほぼどんな自転車に乗る時でも必ず真っ先に調整する部分です。ここをしっかりしないと乗り心地や疲労度が全く違ってきますし、極端な場合そもそもまともに漕げなかったりします。
ちなみに、この高さ調整が一番シビアに要求されるのは他でもないロードバイクですね。
乗る事自体が目的のバイクで、さらにレースにも出場するとなると秒単位のタイムに影響してきますから。それだけに、サドルの高さ調整の方法も細かく手順があったり、高さだけではなくサドルの前後の位置や角度など、じつにたくさんの箇所を合わせていきます。
ネットを検索すると、本当にたくさんのサイトでこの方法について書かれていますが細かな部分は違っても基本的な手順などは、だいたい同じです。

以上はロードバイクについてでしたが、では他の種類のバイク、マウンテンバイクやママチャリなどは何を基準に調整したらいいのでしょうか? 実は、ロードバイクほど厳密な測定は必要ないですね。 例えばマウンテンバイクは、そもそも走る場所がオフロードでポジションが常に変わりまくるし、あまりサドルに座る事もありませんから。さらにダウンヒルだったら、ペダル漕ぐことすらほとんどありませんし。足がつかないほど高ければ問題ですが、またがってつま先が着くくらいという、巷でよく言われているレベルの調整で十分でしょう。
バイクトリックなどのパフォーマンスをするバイクなんかだと、そもそもサドルは使わないのでいらなかったりします。
ママチャリも、基本的に高さだけです。 デザイン的にシートポジションが低く安定しやすくなっているので、両足が地面にぴったり着くくらいでもいいでしょう。それで漕いでみて窮屈に感じられれば、少し上げて両足のつま先が着くくらいでいいです。 一番重要な安全性を損なわなければ、自分が一番快適に乗れるポジションにあわせればOKですね。

サドル 高さ調整 トップへ戻る
SEO対策テンプレート
サドル 高さ調整